<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

いつか・・・・

c0097371_1455423.jpg

夕陽ではなく
あなたが見た
朝日を撮りたく
釣り人がいる場所で
海にカメラをむける

今は魚を捕るよりも
戻れない故郷の朝日を
あなたに届けたい




ブログ友達の<四国・日和佐海岸>
日の出写真に心ひかれて、この場所に。
ここは、海がめの産卵の場所で有名です(^o^)丿
こんどは、日の出に間に合うように、
家をでないと写真が撮れないよぅ~(^_-)-☆
夜釣りでもして、待ってようかなぁ~?
でも、寒いかも・・・^_^;

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-25 14:21 | 四国・徳島

温暖な海の島々を船で訪れながら・・・

岡山県玉野市の沖合いに浮かぶ小島・・・
周囲27,8メートルの直島(なおしま)
宇野港から多数のフェリーや高速船が、島々へ行き来しています。

ブログ友達の記事を見て、ようやく一月に行って来ました。
その記事の内容は、母親を連れての二人旅。
そのときの海をバックにオブジェが、
自然と同化している事に感銘を受けました。
その印象が強くて、僕は父を連れての二人旅。
その場所に立ったとき、その写真の風景を思い出し感激してしまいました・・・
c0097371_18113332.jpg

宇野港から色々な船が、行き来しています・・・・
c0097371_1812274.jpg
c0097371_1813180.jpg

直島の港の一つ、小さな港にこの船で到着。
この島には、小型のバスが巡回していて、
車がなくてもそれを使うと便利ですよ(^_-)-☆
(バス停があり、一回100円で乗れます・・・・)

c0097371_18171170.jpg

町の波止場にも石灯篭がひっそりと・・・
その横では、地元の人々が釣りをして、楽しんでおられました。
石灯篭の向かい側に(バス停があります。)

c0097371_1818935.jpg
c0097371_1818475.jpg

ふるさと海の家<つつじ荘>玄関前送迎バス停前にあります。
「おやじの海」記念碑。
ボタンを押すと歌が流れてきます。
この近くに海釣り公園もありますよ。
釣りをしようと行ったのですが、冬季は閉館中でした^_^;

c0097371_18374245.jpg

つつじ荘周辺にある石碑(たぶん石川啄木だったと思います。)
c0097371_183825100.jpg

つつじ荘内の石碑(なんだか内容わからず・・・^_^;すいません)
c0097371_18475387.jpg
c0097371_18483895.jpg

c0097371_1851138.jpg

つつじ荘とベネッセハウス(宿泊施設・美術館)との間に海岸が続いています・・・
(近くにバス停があります。)

c0097371_1854166.jpg

c0097371_18551529.jpg

<南瓜>草間彌生作
この海岸にあるオブジェで、海と空と光で感じてみてください(^^♪

c0097371_1972939.jpg

c0097371_1983577.jpg

ベネッセハウス(宿泊施設と美術館)前の海辺で、黄昏てくださいね(^o^)丿
ベネッセハウスは、宿泊をしなかったので行かなかったのですが、
入場料を払うと見れますので、美術館も行ってみてください・・・
安藤忠雄氏設計なので、空間も楽しんで(^^♪


なんと言ってもメインは、<地中美術館>(^o^)丿
自然と人間との関係を考える美術館。
知性と感性の刺激を体験する・・・
(バス停があります。)



ブログでも中の様子を公開されていないくらいの非現実的な異空間と、
そこからわずかに見える現実の光と空。
できれば青空の元で、地中からの空の素晴らしさを
時間を忘れてゆっくりと、鑑賞していただければと思います。
普段あまり美術に興味ない父も僕以上に堪能していました。

<クロード・モネ>
睡蓮シリーズ。
三面に大きな絵画が展示。自然光で絵画を見ることが出来ますよ。
(一口メモ)
絵画には、それぞれサインが入っていましたが、
一つだけ入ってないのを見つけ?
謎は解けました・・・基本的にモネは、作品にはサインしませんでした。
競売にかけるときに必要だったので、
弟がハンコを作ってサイン代わりにしたそうです。
ちょっと勉強になりました・・・(^_-)-☆
サインしていない絵画こそ、本来の姿です・・・ちょっと心に留めて見てくださいね。

<ウォルター・デ・マリア>
球体と空間に映る日の出から日の入りまで、
作品の表情が変化していくのを楽しめます。
球体の傍まで、必ず行って下さいね(^o^)丿

<ジェームス・タレル>
光そのものをアートにしている作品の中で、
錯覚するような人工の光の異空間に入って楽しめます(^J^)

<安藤忠雄>
基本のコンクリート、鉄、ガラス、木のコンセプト。
時間によって色々な光の入り方を体験できます。
特に、中庭から上を見上げてください・・・
枠があっても、それ以上に創造する事が出来ますよ(^^♪


c0097371_118344.jpg

地中美術館から港までの道すがらの眺めです・・・
遠くに瀬戸中央自動車道が見えています。

c0097371_21115777.jpg

c0097371_21123552.jpg

帰りの港付近の町並みと湾の風景です・・・
宇野港や高松港へ行く船のターミナルがあります。
<海の駅なおしま>
カフェやレンタサイクル・船のチケット販売・物産の販売・観光案内など、
島の総合案内所。


c0097371_21131035.jpg
c0097371_21135339.jpg

<赤かぼちゃ>草間彌生作
港の公園には、また妙なオブジェが、目に飛び込んできました・・・
子供の遊び場に使われていて、中を覗くと光とも遊べるようになっています。

c0097371_22181787.jpg

c0097371_2219144.jpg

妙なものは、一番心の中に残るかもね(^_-)-☆
c0097371_22233839.jpg

港から離れていきます・・・次のフェリーが、港に入っていきます・・・
c0097371_22241558.jpg

僕のクルマは、最後に乗ったため船の最後尾に姿がみえます・・・
c0097371_22251738.jpg

穏やかな海をデッキから黄昏るのもいいかもね・・・・
c0097371_22274684.jpg

ベンチに座りながら、いつまでも瀬戸内の小島の風景を眺めていたかったです~~
c0097371_22281959.jpg

小島の傍をフェリーが通っていきます・・・・手が届きそうなくらい近くを・・・
c0097371_22373662.jpg

一路、宇野港へ・・・・(奈良~~~直島往復約600kmの日帰り旅)
まだまだ、楽しみ方がいっぱいあるアートな島でした・・・
島の人々も気さくで、少なくとも3人の島の人々との交流もできました。
優しい人々が居る島(^_-)-☆
一月にしては、瀬戸内は温暖でのんびり出来ましたよ(^^♪


ほかにもまだまだ、色々な楽しみ方が、この島にはあります・・・・

<家プロジェクト>古民家や神社を再生し、地区の空間そのものをアート化。


<007「赤い刺青の男」記念館>
直島が、007の小説の舞台になったので、映画の誘致にも力を入れているとのこと。


これで最後にします・・・ここまて見てくださった方にお礼申し上げます。
ありがとうございました(^_-)-☆

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-21 18:16 | 瀬戸内

つながり・・・

c0097371_1034082.jpg

しかたなく見送ったあの日から

あなたとつながっている海を眺め

浮雲を数えては帰りを待ちわびる




瀬戸内の魅力?魔力?で芸術が、生まれてくるのかもね(^_-)-☆
[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-19 10:39 | 瀬戸内

波打ちぎわ

c0097371_10172964.jpg

ゆらゆら ゆらゆら 大きくゆれる

ゆらゆら ゆらゆら 小さくゆれる

ゆらゆら ゆらゆら 心もゆれる




波間から砂浜の表情が見えていました・・・
波を眺めていると、いつの間にか時が過ぎていきます(^_-)-☆

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-19 10:24 | 瀬戸内

晴天なり・・・

c0097371_9532347.jpg

範囲は狭いけど

枠を超えられる

あなたの創造力



狭くなった心も、
たまには上を見上げて、
広げてくださいね(^_-)-☆

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-19 09:55 | 瀬戸内

魚クン

しまなみ海道のアイドルです(^_-)-☆

c0097371_912965.jpg

このアイドルは、<コロちゃん>コブ鯛です・・・・
広島にもTVで有名なコブ鯛の<コブちゃん>がいますが、
ここの<コロちゃん>も寄ってきて、頭をナデナデさせてくれます。
ぼくもナデナデしてきました・・・・
顔がヒョウキンで可愛いですよ(^^♪


c0097371_9123918.jpg

大島(おおしま)よしうみいきいき館<道の駅>ここに<コロちゃん>がいます。
生け簀で元気よく、泳いでいますよ(^o^)丿
ドンドン寄って来るので、とうとうピント合わず・・・・
来島海峡大橋が一望できます。
晴れているときは、亀老山展望公園からの眺めも最高です。


c0097371_9131018.jpg

道の駅で食べた寿司ですが、ネタが良いので美味しかったです。
特に瀬戸内は、あなごが美味しいですよ(^_-)-☆

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-12 09:13 | 瀬戸内

海道を訪ねて・・・・

月に一度の父と子の日帰り旅・・・・12月下旬

瀬戸内は、今まで淡路島や小豆島・宮島など訪問しましたが、
今回は、しまなみ海道を散策してきました(^_-)-☆
また、写真がズラズラと並びますが、
最後まで日帰り旅に、お付き合いくださいませ(^o^)丿


ルートは、西瀬戸尾道より西瀬戸自動車道<しまなみ海道>へと・・・・

c0097371_9332061.jpg

途中の吉備SAには、こんなものがいました・・・(^o^)丿
鬼門の鬼を桃太郎が、干支の戌・酉・申をお供に連れて、
静かにさせに行ったとも、そんな説もチラホラと耳に・・・・


c0097371_934552.jpg

島と島の間には、色々なデザインの橋が、架けられていました。
この橋の下を自転車や人が渡れるようになっております。
時間があれば渡るのもいいと感じます。
瀬戸内が目の前に広がって、きっと綺麗に見えるでしょう・・・


c0097371_9353988.jpg

因島(いんのしま)にある<因島水軍城>村上水軍の本拠地。
つまり、戦国時代の日本の唯一の海賊です。

この島は、ハッサクや柑橘系の栽培で発展してきたとの事。
ほかにも<白滝山>や<因島公園><地蔵鼻>などの
観光スポットもありますよ。


c0097371_94012.jpg

ドライブ途中は、瀬戸内の穏やかな景色を見ながら、
道の両側には、見事なほどの<みかん畑>が続きます・・・
柑橘系が好きな方には、たまらないくらいかもね(^_-)-☆
<はっさく><みかん><れもん>などが、大変美味しくいただけます。
正月用に買って帰りました。甘くて美味しかったですよ。
メチャクチャ安かったです・・・・(宅配もありますので、安心です。)


c0097371_9404929.jpg

こんどは、生口島(いくちじま)にある<耕三寺(こうさんじ)>です。
元大阪の実業家・耕三寺耕三氏が、母親の菩提寺として、個人的に建てたものとの事。
これは、正面出入り口です・・・煌びやかでビックリ!!


c0097371_9413021.jpg

とても個人で色々な建造物を建てたとは、驚くばかりで信じられないくらいです。

c0097371_9415897.jpg

まるで日光東照宮に居るみたいな錯覚に・・・・

c0097371_9434732.jpg

観音さんが、遠く瀬戸内を眺めています。

c0097371_9443638.jpg

どこかの有名な建造物に似ていますね(^_-)-☆

c0097371_946594.jpg

この写真を見るだけでは、ほんとうに錯覚しそうです・・・
この近くには、<平山郁夫美術館>もあります。
ここの島の楽しみ方は、レモンの産地で、
レモン色を中心にしたアートな世界も堪能できますよ。
瀬戸田サンセットビーチも綺麗です・・・


c0097371_9472140.jpg

体力と時間も足らず大三島(おおみじま)伯方島(はかたじま)など観光に行けず残念です・・・
大島(おおしま)から今治へフェリーを使い、四国に上陸しました。
その後は、四国・淡路島経由で一路奈良まで・・・


c0097371_9475713.jpg

帰りのフェリーから見た世界初の三連吊橋<来島海峡大橋>です。
しまなみ海道は、すべて自転車走破も出来ますので、
足に自信のある方は、挑戦してみてくださいね(^^♪
これで今回の旅を終わりますね(^_-)-☆

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-11 09:32 | 瀬戸内

時空を超えて・・・・

c0097371_973371.jpg

現代の城と過去の城が交差する町

どちらも優雅にそびえ立つ

未来はどんな城になるんだろう




大坂城の天守閣よりの眺望です(^_-)-☆
[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-10 09:07 | 大阪

あの向こうに・・・・

c0097371_8502188.jpg

細い石段を登り切ったとき

その向こうに何を感じますか

その先を覗いてみてください




高所恐怖症のぼくには、大変怖かったです・・・・
あの向こうは何も無く、下を見ればお堀まで一直線。
大阪の町を一望できるのですが、
そんな余裕無しの撮影でした・・・・
一番上の段に小さな穴が三つ見えますが、
あそこから鉄砲を撃つ場所です。

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-10 08:49 | 写真と詩

輝き

c0097371_8301347.jpg

回り道して進むのか

突き進んでいくのか

たどり着く場所は同じ




見上げると綺麗に見えるけど、
そこには人を寄せ付けない厳しいものを感じます。
美しさにも惹かれ、怖さにも惹かれ、
人の心の複雑さを思い知らされます(^_-)-☆
あの四角い場所から、色々なものが飛び出してくるとは、
とても感じることが出来ません・・・・・

[PR]

by yuyuyu0120 | 2009-01-10 08:31 | 大阪