<   2007年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

厳しい生活の中の暖かい場所。

エゾフクロウ
凛さん
今年も、可愛い姿で登場しましたね。
仲がいいのは、いつ見てもホノボノとします。(^_-)-☆

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-30 22:21 | 大自然の生き物達

伝える心

僕も あなたも 
一心に一つのものを
見つめている

あの美しい姿を描くには
自由な発想をしながら
浮かべる絵心なのか?
自然と対話をしながら
瞬間を待つ写心なのか?

どんな手段でも
心で伝えることに
かわりは無い

c0097371_16524196.jpg

<大仏池より望む東大寺>
ここの大仏池は、写真ポイントの一つです。
池の畔も鹿や野鳥が居ますので素敵な所ですよ。

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-30 16:53 | 奈良 寺・神社

禅の心

大海原に漁り火のような
一筋の光に砂の波が広がり
整然とひかれた砂紋は
学僧達の禅の心を感じさせる


c0097371_13263262.jpg


夜間拝観の石庭は、
人工的な光で美しさを表現しているが、
月明かりの石庭を見る事はまれで、
かなり難しいかもしれない。
白砂は、満月の光に輝きながら、
純白色の禅の世界を見せてくれるだろう。
一心に砂紋を描く「無心」と言う心を。


月光に浮かぶ石庭を撮ってみたいな~(^_-)-☆
<知恩院の特別拝観にて感じた事より>

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-29 13:54 | 京都 寺 神社

目立たない・・・

夜の月は
輝いているから気がつくときもあり
昼の月は
輝いていても気がつかないこともあり
思い込みが そうさせるのかもしれない
同じ想いでこの月を
誰か眺めているのだろうか

c0097371_1637650.jpg

夕暮れ時に月が、登り始めていました。
久しぶりに気がついた情景より・・・


c0097371_22582990.jpg

夜の月も追加しました・・・・
見比べるのも、いいかもね(^J^)

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-28 17:02 | 奈良 風景

引き続き・・・とんでもない!!

今、外で頑張っている植物を紹介しますね。
ブーゲンビリアから行きます。
c0097371_1213373.jpg


c0097371_13215178.jpg





次は、ワイルドストロベリーです。
c0097371_1229158.jpg


c0097371_12292341.jpg


今日、現在の様子でした・・・・
[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-28 12:31 | 奈良 風景

この季節に・・・・とんでもないもの?

自宅と道路の間の溝に、
「ど根性大根」ならぬ・・・・「ど根性ミニトマト」が!!
珍しいので載せてみました。

本人が、気に入っている場所なんで、
遠くから、見守りたいと思います。
c0097371_10152873.jpg


c0097371_10154239.jpg



ミニトマトチャンは、今日、現在も無事に過ごしております。
他にも、ブーゲンビリアの花が、一輪だけ外で可愛く咲いています。

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-28 10:19 | 奈良 風景

ようやく雪景色が・・・・

琵琶湖の畔、長浜から約12㎞。
そびえ立つのは、「伊吹山 」1377m。
うっすらと雪化粧しています・・・・

c0097371_075122.jpg

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-26 00:08 | 琵琶湖

ユックリとした時間の流れ・・・

多くの人が、あなたを見に来ないけど、
僕は、あなたの存在に気がついているよ。
ノビノビと輝いている姿にあこがれて・・・・


c0097371_14574979.jpg

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-25 14:58 | 京都 寺 神社

静かな場所を求めて・・・・

最後の綺麗な姿に逢いたくて、川面にそって歩いていく。
渡月橋から離れ、静かな木立の中で自然と会話をはじめる。
「今年も、逢いに来たよ」と、心の中で語りかけた。
冷たい秋風が吹く中、
小さな赤い手のひらが、幾重にも重りあって僕を手招きしている。
「ここが綺麗だよ。」と語りかけてくれた。


c0097371_14365517.jpg

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-25 14:48 | 京都 寺 神社

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)

<二十四の瞳をたずねて>
昭和三年四月四日
農山漁村の名が、全部あてはまるような
瀬戸内海べりの一寒村へ
若い女の先生が
赴任してきた。

(壺井栄/小説「二十四の瞳」より)
<資料展示室>
c0097371_22264285.jpg

せんせ あそぼ
「せんせ お弁当食べたん」
「うん 今お茶飲んどるとこや」
「そんなら あそぼ」
「早う 早う」
「せんせ あそぼ」
「何してあそぶ」
「竹馬」
「よおし せんせ 負けへんぞ」
「貝とり」
「あんた 貝とり得意やもんね」
「かごめ かごめ」
「とうりゃんせ」
「そんなら じゃんけんで決めなさい」
「よおし」
「じゃんけんぽん」
「あいこでしょ」
「わぁ せんせ 一番先に負けてしもた」

<壺井栄生誕百年記念銅像せんせあそぼ>より

昭和62年 田中裕子主演「二十四の瞳」に使用されたオープン・セットです。
懐かしさにひたったり、海が綺麗だったり、磯の香りがしたり、
当時の世界に入れたり、色々な楽しみ方が出来ます。

ここの敷地の中に流れている川は、
海水が引かれて瀬戸内で生息している魚達が泳いでいます。
指をかまれるので、注意して餌をやってくださいと書いてありました。

「そうめん」や「うどん」も美味しい小豆島です。
地元の醤油だしで「さぬきうどん」を食べると最高ですよ。
帰りがけに飛び込みで、街のうどん屋で食べた「さぬきうどん」は美味しかったです。

小豆島は、そうめんの島としても有名です。
ひとつ、紹介しておきますね。
手延べ素麺作りも体験出来るそうです・・・

小豆島なかぶ庵

マダマダ色々あるのですが、この辺で終わりにしたいと思います。
ほかにも周る所が、いっぱいありますので行ってみてくださいね。
ちなみに中学生の時、この島で臨海学習があり、
一週間かけて水泳の特訓をした思い出の場所です。
バタ足しか泳げなかった僕は、平泳ぎを出来るようになりました。

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 23:35 | 香川県 小豆島