カテゴリ:香川県 小豆島( 10 )

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)

<二十四の瞳をたずねて>
昭和三年四月四日
農山漁村の名が、全部あてはまるような
瀬戸内海べりの一寒村へ
若い女の先生が
赴任してきた。

(壺井栄/小説「二十四の瞳」より)
<資料展示室>
c0097371_22264285.jpg

せんせ あそぼ
「せんせ お弁当食べたん」
「うん 今お茶飲んどるとこや」
「そんなら あそぼ」
「早う 早う」
「せんせ あそぼ」
「何してあそぶ」
「竹馬」
「よおし せんせ 負けへんぞ」
「貝とり」
「あんた 貝とり得意やもんね」
「かごめ かごめ」
「とうりゃんせ」
「そんなら じゃんけんで決めなさい」
「よおし」
「じゃんけんぽん」
「あいこでしょ」
「わぁ せんせ 一番先に負けてしもた」

<壺井栄生誕百年記念銅像せんせあそぼ>より

昭和62年 田中裕子主演「二十四の瞳」に使用されたオープン・セットです。
懐かしさにひたったり、海が綺麗だったり、磯の香りがしたり、
当時の世界に入れたり、色々な楽しみ方が出来ます。

ここの敷地の中に流れている川は、
海水が引かれて瀬戸内で生息している魚達が泳いでいます。
指をかまれるので、注意して餌をやってくださいと書いてありました。

「そうめん」や「うどん」も美味しい小豆島です。
地元の醤油だしで「さぬきうどん」を食べると最高ですよ。
帰りがけに飛び込みで、街のうどん屋で食べた「さぬきうどん」は美味しかったです。

小豆島は、そうめんの島としても有名です。
ひとつ、紹介しておきますね。
手延べ素麺作りも体験出来るそうです・・・

小豆島なかぶ庵

マダマダ色々あるのですが、この辺で終わりにしたいと思います。
ほかにも周る所が、いっぱいありますので行ってみてくださいね。
ちなみに中学生の時、この島で臨海学習があり、
一週間かけて水泳の特訓をした思い出の場所です。
バタ足しか泳げなかった僕は、平泳ぎを出来るようになりました。

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 23:35 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)タイム・トリップ

c0097371_214284.jpg

時代の流れを感じるデザインが並んでいます・・・・

c0097371_21414636.jpg

蛍光灯の無い店の風情を格子窓から覗いています・・・・

c0097371_21463697.jpg

時間が、遅かったので食べれマセンでした。
味の感想は、残念ながら御座いません・・・・

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 21:56 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)タイム・トリップ

映画村のキャラクターたち・・・・

c0097371_17583843.jpg

やった~~!!
c0097371_1759544.jpg

元気だぞ~!!
見ていると、こちらまで、手を広げちゃいそうです!!


c0097371_17593657.jpg

ただの石も変身すると、可愛く見えるのは本当なのかな?錯覚なのかな?
路地裏の人気者たち。
やっぱり、可愛いかも!!

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 18:10 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)タイム・トリップ

ここからは、映画村の様子を紹介します。
ノスタルジックな気分を味わってくださいね。


c0097371_16503493.jpg

c0097371_16512730.jpg

c0097371_1659350.jpg

c0097371_16535338.jpg

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 16:56 | 香川県 小豆島

10月の小豆島(日帰りの旅)

一年一組の子供達 十二人
c0097371_1624416.jpg


 「二十四の瞳」  

1.潮風そよぐ 砂浜に
  手と手をつなぐ 二十四の
  瞳の色の あどけなさ
  人の子ならば どの子にも
  幸せあれど 祈る空

2.いたずらした子 無口な子
  涙をためて 見上げた子
  ひいふうみいや 十二人
  南に北に 別れても
  瞼の底に 浮かぶ顔

3.大人の道の 険しさを
  こらえて生きて 思い出す
  あの日の歌の なつかしさ
  月日は過ぎて かえらねど
  岬に今日も 陽が沈む



こんな体験をしたことはないですが、
この映画村にタイム・トリップしてみて、
作品の詩を読んで、心に感じてしまいました。

みなさんにも紹介しておきますね。

[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 16:33 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)タイム・トリップ

それでは、今回の目的の場所に、ご案内しますね。
ノスタルジックな旅を求めて・・・・
二十四の瞳・映画村>を訪れました。


c0097371_10454756.jpg

映画村の入り口にて、入場料(630円)
ロケ用のオープンセットで、多くの名場面をここで撮影したそうです。

c0097371_1046212.jpg

<苗羽小学校田浦分校>
いまにも壊れそうで、それでも壊れない建物の生命力。
建物は、人からもエネルギーをもらっているような気がします。

c0097371_10471465.jpg

<分校教室内>
椅子や机、今では、考えられない光景。
勉強は、椅子や机で左右されるのではなく、
自分自身の心がけしだいかも知れませんね?

c0097371_10485069.jpg

<教室内ロケ風景>
映画の機材もノスタルジックを感じさせられるような雰囲気です・・・
壁に貼ってある習字が懐かしいですが、
貼られるのはチョット辛いものがあったかも・・・
[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 01:49 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)

醤油屋のそばに、オリーブの木が植わっていました。
小豆島は、オリーブの島とも呼ばれています。
そのオリーブの実を紹介しますね。
 



c0097371_1165043.jpg

まだ、熟してないオリーブ。


c0097371_1174095.jpg

c0097371_118347.jpg

だいぶん、熟したオリーブ。


c0097371_1191892.jpg

完全に、熟されたオリーブ。
街が、オリーブの木で飾られています。

参考スポットを紹介しますね。<小豆島オリーブ園
女性の方は、オリーブ・コスメがおすすめかもよ?
[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 01:28 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)

<道の駅みなとオワシス>==小豆島町<小豆島醤油「金両」 >へ立ち寄りました。
地元の醤油屋なので、全国的には、出店していないとの事。
このあたりは、醤油の蔵が多く存在し、醤油の匂いが街の中を漂っています。

c0097371_0341513.jpg



c0097371_0352642.jpg


こちらの店では、醤油のテスティングをさしてくれますので、
自分にあった味を買う事ができました。
父は、だし醤油。僕は、手づくり醤油。
実に、醤油の香りがいい匂いで、味もまろやかで美味しかったです。

〒761-4490
香川県小豆郡小豆島町馬木甲842-1
℡(0879)82-3333
金両株式会社
参考までに記載しておきますね。
[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-22 00:54 | 香川県 小豆島

10月の小豆島(日帰りの旅)

日生港~(フェリー)~大部港へ
小豆島(香川県)に上陸。
オリーブと醤油の街。二十四の瞳で有名な所です。
まずは、道の駅<みなとオワシス>に向かいました。
そこに隣接する<大坂城残石記念公園>を見学。
c0097371_23522950.jpg


c0097371_23525346.jpg


c0097371_23532668.jpg

小豆島から切り出された石を大坂まで運んだ様子がわかります。
[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-21 23:57 | 香川県 小豆島

10月の瀬戸内(小豆島へ渡る)

10月15日
奈良=(山陽自動車道)=赤穂=(国道250号線)=日生(ひなせ)
日生の街は、岡山県の最南端。魚師町・瀬戸内に浮かぶ、13の島々の日生諸島もあります。
五味の市  山海の幸を味わえる所。
お好み焼き屋が点在し、<牡蠣おこ>と呼ばれて名物となっています。
牡蠣の産地で新鮮なものを食べれます。
今回は、フェリーの時間に間に合わない為に、食べる暇が無く断念しました。
お好み焼き好きの僕は、次回、是非食べてみたいです。

c0097371_9384993.jpg


c0097371_939292.jpg


続きは、また載せますので、お待ちくださいね。
ここから、フェリーに乗り~~~「小豆島」へ。
父が、船の中で、ウキウキ気分でした・・・・
[PR]

by yuyuyu0120 | 2007-11-21 09:39 | 香川県 小豆島